本文へ

【Agio/アッジオ】冨士ファニチアのロングセラーソファ

Agio

Agio

 冨士ファニチアのロングセラー商品「Agio」をご紹介いたします。44年前に初期モデルが発売されて以降、時代とともに改良と進化を重ね、現在もなお高い人気を誇る「Agio」。その最大の魅力は「セパレートソファ」と「軽量ソファ」であることです。多くのお客様に人気を得ている「Agio」の魅力をさらに深堀りしていきます。

  1. 使い勝手の良い独立性
  2. 他のソファにはない座り心地
  3. 日常のさまざまなシチュエーションを演出

1.使い勝手の良い独立性

 まずは商品について簡単に説明します。「Agio/アッジオ」は1脚ずつ独立したソファを複数並べて、一本もののソファのように使う「セパレートソファ」です。イメージは1Pチェアを座る人数分並べるものになります。肘無、右肘、左肘があり、それぞれ通常幅とワイド幅があります。例えば、通常幅の右肘と左肘を並べるとW1240の2人掛けソファに。ワイド幅は左右肘でW1510の2人掛け、そこにワイド肘無を挟むとW2225の3人掛けになります。座る人数やお部屋のスペースに応じて脚数を選ぶことができます。

Agio

 布張りの場合はカバーリング使用を選ぶこともできます。洗濯ができることはもちろん、カバーのみの販売もしているので、汚れや張地の劣化で買い替えや修理をする必要はありません。時期によって模様替えをすることも可能です。(張地ごとに自宅で洗濯できるものとドライクリーニングのみがあります。)

Agio

 個人的にスツールもぜひおススメしたい商品です。「Agio」のスツールは斜めに角度がついています。平らなスツールに足を預けると、私のような体の堅い人には膝が伸びてしまうため、長時間足を置いていることが辛かったりすることがあります。斜めに角度がついていることで、足を預けても自然な角度で膝が曲がるので、体全体がソファに支えられゆったりとくつろぐことができます。さらに、このスツールの座面は平らに変えることもできます。お好みの角度で足を置くことができることはもちろん、座れる強度がありますので、一つあるだけで非常に便利なスツールになっています。

2.他のソファにはない座り心地

 商品カテゴリーはソファに分類されていますが、座り心地はソファになるのかと思われる方もいらっしゃると思います。背と座のクッションもあまり厚くないし、私も初めて見たときは同じ印象を持ちました。ですが、その心配は全くありません。「Agio」が選ばれる理由の多くは、他にはないくつろぎを実現する座り心地です。その秘密は、クッションのウレタンと木製フレームの角度にあります。

Agio

 クッション部のウレタンには、硬さの異なる3種類のウレタンを使用し、座クッションの中心部にはモールドウレタンを使用しています。モールドウレタンは反発性が高く、耐久性に優れた高級クッション材です。複数のウレタン層が包み込むような座り心地を生み出しています。

Agio

 木製フレームの角度は、背に角度がついていることはもちろん、座面も背に向かって深くなるように傾斜がついています。これによって、やわらかいソファに座った時に腰が少し沈むような体の預け方を感じることができます。さらにハイバックになっているので、肩まで体全体を預けてくつろぐことができます。
 もちろんソファの座り心地としてはしっかりとした座り心地に分類されると思います。ですが、座り心地に硬さは一切感じず、ハイバックと相まってほかのソファにはないくつろぎを感じることができます。いろんなソファを見て回ったお客様が、「Agio」の座り心地には勝たなかったとおっしゃられることも非常に多いです。この座り心地が冨士ファニチアのロングセラーとして人気を得てきた秘密です。

3.日常のさまざまなシチュエーションを演出

Agio

 さまざまなシチュエーションで使うことできる「セパレートソファ」であることが「Agio」の特徴ですが、それを可能にする要因が1脚の軽さにあります。冨士ファニチアの特徴である成形合板の技術によって、木製フレームは軽くて丈夫です。女性でも動かしたり、持つのに苦労をしません。自室で一脚使いたいときに移動できたり、普段は並べて置いているものを、間にサイドテーブルを置いて内側に向かい合って座ってみたりなど、日常の中にも様々な変化をもたらしてくれます。
 また、永く使っていくと家族構成にも変化があると思います。3脚並べて3人掛けとして使っていたが今は2人しか座らなくなった、などの場合は1脚を別のお部屋で使うこともできます。これは「Agio」だからこそできることです。家族構成が変化してもわざわざ買い替える必要もなく、10年20年それ以上に使い続けることができます。使い手が今使いたい形に変化できることが、「セパレートソファ」かつ「軽量ソファ」の魅力となっています。

あとがき

Agio

 冨士ファニチアのロングセラー「Agio」の人気の秘密を紹介しました。「セパレートソファ」と「軽量ソファ」が特徴ですが、多くのお客様に人気を得ているのは、やはり座り心地があってこそです。ソファに勝るくつろぎがあるからこそ、様々なシーンで使いたくなる。それを実現させるのが、セパレートかつ軽いという特徴になります。使う人に永く寄り添い、様々な日常に豊かさをもたらす、「Agio」はそんな思いが込められた家具です。

ページ上部に戻る